iPhoneの水没修理について

iPhoneを水没させてしまった!

iPhoneの水没修理について

iPhoneの水没修理について iPhoneはもはや生活に無くてはならないパートナーですよね。
だからこそお風呂やトイレなどの水周りでもつい携行してしまいますが、水の中にiPhoneをおとしてしまった時のショックは大きなものがあります。
この場合、まずしなければならないのは1秒でも早く自ら引き上げること、次に電源を切ること、そして「その後の対応は、水没修理を行っているショップに速やかに任せる」ことです。
乾かすことが先では?と思う方も多いでしょうが、振って水分を出そうとすれば、浸水していない内部の基盤類にも水が入り込んでしまいますし、自然乾燥は時間がかかりすぎて、基盤類を傷めてしまう可能性があります。
また、電源が入っている状態なら入り込んだ水によりショートがおきて、最悪基盤を破棄してしまします。
こうなると、メモリ内のデータが読み出せなくなる可能性が高く、本体は使えないし機種変更してもデータは移行できない、という悲惨なことになってしまいます。
水没修理については、冷蔵庫に入れる、乾燥剤やドライヤーで乾燥させる、など都市伝説のような話もありますが、実験用の純水に落とした場合でもない限り、水には不純物が混ざっており、水分は抜けても不純物は基盤に付着したままなので、いつ不調を来たすかわかりません。
壊れて起動しなくなった後に「やっぱり早く診てもらえばよかった」と後悔するケースが多いようですので、そうならない様に気をつけたいものですね。

iPhoneの水没修理はどんなことをするの?

iPhoneの水没修理はどんなことをするの? iPhoneの水没修理ではどんなことをするのかという疑問は珍しいものではありません。
次期モデルではいよいよ防水が付くのではないかということは以前から言われているもののなかなか防水機能は実装されないiPhoneですから、もし水没修理の内容が簡単そうならば自分で行ってみたいという人も多いです。
では具体的に水没修理の作業はどのようになっているのかというと、まず必ず行うのは分解清掃です。
iPhoneの中に水が入り込んでしまって壊れた場合、まずは内部に入り込んだ水を除去しなくてはなりません。
そのためまずは分解してパーツを全て清掃し、腐食や汚れが発生していた場合にはその部分のクリーニングも行います。
その後全体を乾燥させたうえで組み立てて電源を入れ、動作が問題なければ簡単な修理は完了です。
ただ本体基盤に水が大量に触れてしまったということになると基盤そのものが駄目になっていることも多く、そうなってくると残念ながら基盤そのものの交換をするほかなくなります。
またiPhoneは本体にバッテリーがそのまま収められているため、バッテリーが破壊されてこれも交換しなくてはならないというケースも少なくありません。
こういった修理になると流石に部品調達から行わなくてはなりませんし、そもそも素人が分解をすると壊れていない部分まで壊してしまうこともありますから水没後の修理はプロに任せることをおすすめします。

おすすめのiPhone修理関連リンク

液晶パネル修理、水没修理、データ復旧などに対応してくれるサイト

iPhone 水没修理 長崎